メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

寝付きが悪くなる猛暑に捧ぐ超リラックス効果のチカラ

真鯛の塩カボスマリネをにんじんしりしりで

f:id:nori0417:20180808214323j:image

かなり久々の更新になります。

記録的猛暑が続く中、体調管理が必須となる今日この頃。

そんな中、寝苦しい中いかに質の良い睡眠を取れるかがとても大切です。

そこで、今回は今が旬のカボス塩麹を使用した特製マリネ液のレシピです。

今が旬のカボスには、柑橘類の中でもトップクラスでレモンの2倍のクエン酸が豊富で夏バテ防止や疲労回復には欠かせない栄養素です。

香り成分のリモネンが神経の興奮を抑え夏の暑苦しさから来るイライラを鎮めてストレスを抑制してくれます。

そこで、夏の暑苦しさのストレスに対して塩麹に含まれるアミノ酸の一部、GABAは高ぶる神経を抑制し、リラックス効果がありストレスを解消することにより自律神経を整え寝付きが良くなる効果があります。

材料

真鯛 1さく(白身の魚やホタテなど)

にんじん 半本

くるみ 適量

マリネ液

カボス 1個

塩麹 大1

エクストラバージンオリーブオイル 大1

作り方

にんじんを細切りにして少々の塩でもみ5分放置

水で洗ってよく絞る

マリネ液を作る

カボスを絞る、皮は青い部分のみを少し削り細切りにして飾りに使用

カボスの絞り汁、塩麹、オリーブオイルをジップロックに入れよく混ぜる

ジップロック真鯛をブロックのまま漬け込み揉んで馴染ませる、その上ににんじんを漬け込み揉んで冷蔵庫で2〜3時間寝かせる

f:id:nori0417:20180808214109j:image

f:id:nori0417:20180808214119j:image

寝かせた後、鯛を取り出しカットする

鯛、にんじん、カボス皮、くるみを盛り付ける

タレはかけなくても味はついています

 

色彩心理癒しのグリーン、アボカドのチカラでリラックス&若返りスイーツ

癒しのグリーンアボカドレアチーズディップ

f:id:nori0417:20180410110508j:image

今回は、栄養素豊富な森のバターアボカドを使用した濃厚かつ色彩心理リラックス効果のあるグリーンが鮮やかなレアチーズディップケーキのレシピです。

森のバターアボカドには若返りのビタミンと言われるビタミンEが豊富でさらに腸内環境を整えるオレイン酸も豊富に含まれている事によりアンチエイジング効果が期待できます

色彩心理「グリーン」によるメンタルヘルスケア効果

グリーンには鎮静作用で緊張を緩和したり、安心、安定を表しココロとカラダの疲れを癒す事によりリラックス効果があります

材料(ココット3〜4個分)

アボカド 半分(100g)

クリームチーズ 100g

レモン汁 大4

アプリコットジャム 90g

生クリーム 100cc

砂糖 20g

粉寒天 2g +水 大3

お好みのビスケット 適量

あればいちご

作り方

クリームチーズは常温に出しておいて練っておく

アボカドはよく熟したものを使用し、半分をくり抜いてレモン汁を入れしっかりと潰してよく和えておく

ボールに粉寒天と水以外全て加えてバーミックスまたはミキサーで撹拌する

f:id:nori0417:20180409202716j:image粉寒天と水はよくとかし、レンジで加熱(約20秒)しボールへ加える(少しずつ泡立て器で混ぜながら加える)

(もし、ダマができたらさらに撹拌する)

ココットやアボカドの皮などに流し入れて冷蔵庫でしっかりと冷やす

いちごやビスケットを飾ってビスケットにディップしながら食べる

このブログではゼラチンは使用せずに寒天や葛粉で代用しています

 

 

 

 

 

飲む点滴甘酒とさつまいものチカラで腸内環境とリラックス効果

大学いも風プリン 〜2種類の表現で〜

f:id:nori0417:20180325210621j:image

f:id:nori0417:20180325210633j:image

今回は、飲む点滴と言われるほどの栄養素がバランス良く含まれる甘酒とさつまいもで作るさつまいもプリンを大学いも風に甘じょっぱいソースverとブリュレにする事で大学いもの食感を再現したverの2種類のレシピです

飲む点滴と言われる甘酒には美肌効果のコウジ酸やアミノ酸の一種のGABA、パントテン酸が豊富でストレスを和らげリラックス効果が期待できます

また、さつまいもにも含まれる食物繊維、オリゴ糖により腸内環境を整え美肌効果にも繋がります

ベースプリンの材料(ココット5、6個)

さつまいも 皮を剥いた正味150g

甘酒 150cc

生クリーム 200cc

甜菜糖なければ砂糖 40g

粉寒天 1g

葛粉 5g

バニラエッセンス 少々

作り方

さつまいもは蒸して(レンジなどで)皮を剥いておく

鍋に甘酒とさつまいもを入れ弱火で5、6分煮る

ミキサーに鍋の物と他の材料(バニラエッセンス以外)を入れてミキシングする(バーミックスがあればいもと甘酒の鍋に全て入れてミキシング)

中火から弱火にかけてよく混ぜながら加熱する

トロミが出てきたら

ココットに移し冷蔵庫で冷やす

大学いも風ソースver

蜂蜜 大2

醤油 小1

を合わせてプリン上にかけて黒ごまをふる

ブリュレで大学いも風食感ver

ラニュー糖をココット一つに対して小1〜1.5を表面に振りかけてバーナーで炙る

 

 

 

 

バレンタインデーに捧ぐ〜ココロとカラダに優しいショコラレシピで手軽に家バレンタイン〜

キンカンのショコラグラタン

f:id:nori0417:20180204105900j:image

バレンタインデーが近いという事でとても簡単でココロとカラダに優しい温かいデザートレシピです。

前回にもある様に今が旬のキンカンは皮だけでなく酸味の強い身の部分までしっかりといただける様にチョコレートとアーモンドプードルで優しい酸味に変わります。

材料

キンカン 5〜6個

ダークチョコレート 半箱

アーモンドプードル 大2〜3

あればブランデーまたはラム酒 少々

作り方

キンカンを洗って四つ割にカットする(ここでブランデーなどがあれば少々を絡めておく)

ダークチョコレートを刻む

グラタン皿にキンカンを入れる

f:id:nori0417:20180205141638j:image

その上に刻んだチョコレート、アーモンドプードルをふりかけてトースターや魚焼きグリルで焼く(200度で7〜8分ほど)

 

 

 

続・寒さ厳しいこの時期の風邪対策に捧ぐ〜金柑と林檎のホットサングリア〜

金柑と林檎のホットサングリア

f:id:nori0417:20180202170948j:image

まだまだ寒い日々が続いている今日この頃、インフルエンザなど乾燥から喉を痛めてしまうこの時期に捧ぐレシピです。

今が旬の金柑とはちみつによる喉のケア、たっぷりの赤ワインによるポリフェノールビタミンC、ミネラル類、スパイスの王様シナモンにより血管を広げ血流改善と香りのリラックス効果を織り混ぜたスペインの甘口のカクテルサングリアをこの時期に合わせたほんのりとアルコールを残したホットサングリアです。

作りたてを飲むもよし、冷やして飲むもよしで柔らかくなった金柑を潰しながらぜひ

材料

金柑 20〜25個

林檎 1個

砂糖 大2

酢 100cc

オレンジジュース 200cc

赤ワイン 600cc(余っている物など安い物でもOK)

はちみつ 大3

レモン汁 大1

シナモンスティックまたはシナモンパウダー お好み

作り方

金柑を洗ってヘタと反対の所から半分まで十字に切り込みを入れる

f:id:nori0417:20180202172700j:image

鍋に入れ、砂糖、酢を入れて蓋をして中火にかける(約7〜8分ほど)

f:id:nori0417:20180202173453j:image

その間に林檎を皮をむいて四つ割にカットし芯を切って横に薄切りにする

林檎とオレンジジュースを金柑の鍋に入れ中火で沸いてから5分間(アクが出たらとる)

そこに赤ワイン、はちみつを入れて弱火で約20〜30分ほど

火を止めてレモン汁を加える

カップに注ぎお好みでシナモンパウダーを一振り(シナモンスティックがあれば赤ワインと一緒のタイミングで1本加える)

寒さ厳しいこの時期に捧ぐ〜ハニーアップルジェリー〜

ハニーアップルジェリー 〜シナモン風味の林檎茶〜

f:id:nori0417:20180109224057j:image

寒さの厳しいこの時期に捧ぐレシピはりんご丸ごと、はちみつ、シナモンでゆず茶の様な林檎茶のベースです。

林檎のファイトケミカルの栄養素、シナモンの血流改善効果により身体の冷え対策、はちみつの豊富なビタミンミネラルによる疲労回復、喉のケアで風邪などの病気の予防対策になります。

さらに、寝る前に飲むとダイエット効果も、、。

材料

林檎 1個

水 林檎と同量

ラニュー糖 大2

はちみつ 大3〜4(甘さはお好みで)

シナモンスティック 1本(まてはシナモンパウダー)

レモン汁 大1

作り方

炊飯器に林檎を4等分にカットして林檎と同量の水を入れる

炊飯スイッチを入れる

f:id:nori0417:20180109225549j:image

f:id:nori0417:20180109225604j:image

ザルにキッチンペーパーを敷いて自然に落として漉す(30分)

f:id:nori0417:20180109230521j:image

林檎の皮と種を除いて別の入れ物に入れてスプーンなどでよく潰す(煮えているので外れやすい)

f:id:nori0417:20180109230541j:image

濾した汁を鍋に入れ、グラニュー糖、はちみつ、(シナモンスティックがあればここで入れる)弱火で3分の1ぐらいまで煮詰める

f:id:nori0417:20180109230603j:image

林檎ペーストを入れ5、6分煮る

仕上げにレモン汁、(シナモンスティックが無くシナモンパウダーはここで少々)を入れる

瓶などに入れ冷蔵庫で保存

お好みでお湯で割る

 

 

 

 

クリスマスに捧ぐ、伝説のサンタのこんがりチキンウィング

ジャックダニエルチキンウィング

f:id:nori0417:20171222202637j:image

クリスマス直前に捧ぐ伝説的なやみつきローストチキンを紹介します。

赤ワイン、ウイスキーの特製煮込みタレと短時間の煮込みでトロトロかつしっかりと染み込んだ料理です。

材料(手羽先約8本分)

手羽先 8本分(約500g)

味塩コショウ 適量

煮込み用のタレ

水 150cc

赤ワイン 大3

みりん 90cc

濃口醤油 大3

刺身醤油 大3

蜂蜜 大2

おろしショウガチューブ 2cm

おろしにんにくチューブ 1cm

ジャックダニエルウイスキーまたはバーボンなら種類問わず)大3

仕上げ用のタレ

練り辛子 1cm

穀物酢 大1

作り方

煮込み用のタレを全て合わせておく

大きめの鍋に水を入れ沸騰させる

沸騰したら手羽先を入れ沸騰させる

沸騰したらお湯を捨て手羽先を軽く流水で洗い鍋に戻す

f:id:nori0417:20171222205111j:image

f:id:nori0417:20171222205130j:image

味塩コショウを強めにまぶし煮込み用タレを加えて沸かす

f:id:nori0417:20171222205155j:image

沸いたら弱火にしてクッキングシートなどで落としぶたをして30分煮込む

f:id:nori0417:20171222205212j:image

その間に、仕上げ用タレを合わせる

30分経ったら落としぶたを取り仕上げ用タレを混ぜる

f:id:nori0417:20171222205232j:image

そのまま常温で冷ます(これで味がしみる)

冷めたらタレから出す

冷蔵庫で保存してもOK(3〜4日間)

食べる時は魚焼きグリルかオーブントースターで焦げ目が付くまで4〜5分焼き上げる

 

タレは捨てずに次回まで煮込み用に使用できます

手羽だけでなく骨付きモモ肉にも相性よくできます