読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

旬の柿×胡桃のチカラで「気は病から」風邪に強いカラダ作り

柿のデリ風白和え

リクエストのお題食材に旬の柿をいただきました

メンタルヘルスレシピブログのコンセプトの中にココロとカラダのバランスを整える目的を掲げて来ました

「病は気から」病気は気の持ちよう

と言う言葉があると同時に「気は病から」と言うように大事な時期にかかってしまう病、ダラダラと長引いてしまった病により気分、精神的に下がってしまう事もあると思います

そこで今回は乾燥などにより風邪やインフルエンザにかかりやすい時期にありながら仕事の面では年末に向けさらに忙しくなる

病によって気を落とせない為のレシピです

旬の柿は「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われる事からフルーツの中でも高栄養なのです

ビタミンC、ビタミンA、カロテン、カリウム、タンニンが豊富で抗酸化力が高く血液をサラサラにしてくれたり、ウイルスに対する抵抗力が向上し喉や鼻の粘膜保護が強化されます

しかし、柿はカラダを冷やしてしまうと言う弱点があります

この弱点をしっかりとフォローしてくれさらに風邪の原因の1つ寝不足を改善させてくれる胡桃を加えました

胡桃は滋養食材として有名で柿とは逆にカラダを温める効果があります

さらには、幸せホルモンセロトニン

の材料トリプトファンが豊富で寝付きが良くなり風邪の原因の1つ不眠症の対策になります

f:id:nori0417:20161119202901j:image

材料(2〜3人分)

柿(熟れすぎてないもの)1個

絹ごし豆腐 150g(半丁)

はちみつ 小1

しょうゆ 小1

マヨネーズ 大2

すりゴマ 大1

胡桃 5〜6粒

ベーコン あれば

レーズン あれば

ルッコラ あれば またはベビーリー

作り方

豆腐をキッチンペーパーに包んで豆腐と同じ位の重りをのせ10〜15分水抜きをする

ボールにちぎって入れ、泡立て器でよく混ぜる

そこにはちみつ、しょうゆ、マヨネーズ、すりゴマを入れさらにペースト状になるまでよく混ぜる

柿をカットする

f:id:nori0417:20161119202312j:image

白和えにくっつかないように入れよく合わせる

胡桃も割りいれる

お皿に盛り付ける

熟れているものでも構いませんが混ぜる時に注意です作る前に冷蔵庫で冷やしておいた方が混ぜやすい

今回はデリ風惣菜に仕上げています

ベーコンは柿に甘味が少なかったので甘味を引き出すために加えました

その他にもレーズン、プチトマトなどを散らしたり見栄え良く仕上げても良し、和食の一品のように和えただけの小鉢スタイルでも良いと思います