読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

脳疲労の解消法セミナーに参加させていただきました

f:id:nori0417:20160724193822j:image

BOOCSカウンセリング

BOOCS理論とは、、

Brain  脳を

riented  目指した

neself  自己・besity 肥満

Control  調整

System  システム

脳疲労とは、、

1、脳内の2人の自分の中違い(大脳新皮質と大脳辺緑系の確執)

2、病気は脳疲労から起こる。食べるから太るのではない。真面目で良い子ほど、落ち込み不安になる。

3、脳疲労がとれれば心と体の多くの病気が治る

特に3の脳とココロとカラダは常にリンクしていると思います

自らの禁止する事により脳へのストレスを感じ脳疲労を産む様です

ダイエットによる食事、禁煙等特に止めたいけど止められない物は自らの完全な禁止により止めるどころか悪い方向に進むのです

食事を例にすると、、

食事を自ら完全に禁止五感が狂ってくる(味覚)食べても食べた気になれなくなる、味に物足りなさを感じる更に食べてしまう、味を濃くしてしまう

f:id:nori0417:20160724203409j:image

基本原則に基づいた食事のルール

1、たとえ健康に良い食べ物でも、嫌いであれば決して食べない

2、たとえ健康に悪い食べ物でも、好きでたまらないか、やめられない食べ物は取り敢えずそのまま続ける。決して禁止しない

3、健康に良くて、しかも自分がとても好きな食べ物を1つでも良いから食べ始める

今後もBOOCS理論基本原則に基づいた食事のルールの3番に意識した

カラダにメンタルに良い食べ物×皆様が好きになる食べ物、様々な国々の料理

のレシピ作りを心掛けどれか1つでも気に入って頂き食べ始めて頂ければと思います

まだまだ学べた物は多く、書ききれませんがこのブログとの関係する事を書かせて貰いました

食事からでも脳疲労に効果的なレシピも作って参ります

 

最後に、、

脳疲労の簡単な自己チェックを

1、睡眠  寝付きが悪い、早く目覚めてしまう

2、お通じ  便秘、下痢

3、食事  お腹が空いたから食べるのではなく習慣(12時になったから食べる等)としてただ食べる

は脳疲労の軽度初期症状です

BOOCSサイトより