読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

旬の甘夏とサーモンのチカラでトータルヘルスケア 甘夏とサーモンの包み焼き

今回、まだまだ旬の甘夏のカオリをサーモンと閉じ込めたオーブン蒸し焼きレシピです

甘夏はメンタルヘルスに欠かせない
ビタミンCはストレスによる活性酸素のダメージを代わりに受けてくれます

甘夏の酸味のクエン酸は精神的な疲労による乳酸を分解し、肉体疲労の回復効果

そして、トータルヘルスケアとして注目の甘夏の果皮の苦味成分オーラプテンは発がん抑制作用から細胞のケア

以前ロミロミサーモンで紹介したサーモンにはアスタキサンチンによる抗酸化力でストレスによる活性酸素を除去し疲労を取ってくれ
最も栄養の詰まったサーモンの皮を今回取り入れる事ができます

包みを開けた時の爽やかな甘夏のカオリ、色彩的にもひらめき、集中力、コミュニケーションを円滑にする黄色と橙色
心と身体を若くさせるサーモンピンク
でココロとカラダのトータルヘルスケアを
f:id:nori0417:20160514230354j:image
クッキングシートバージョン

f:id:nori0417:20160514230432j:image
アルミホイルバージョン


材料(2人分)
サーモン切り身(皮付き)2切れ
甘夏もしくは夏ミカン 1個
あればレモン輪切り 2枚
にんにく 1かけ
玉ねぎ 半分
ズッキーニまたはきゅうり 1本
塩 1g
オリーブオイル 大1
粗挽きブラックペッパー 少々
塩、コショウ(サーモン下味用)


作り方
甘夏のワックスをよく洗って落とす
甘夏を5mm程のスライスを2枚、そしてそのスライスを4つ切り(くし切り)
あればレモンも用意する(レモンは輪切りを半分に)

甘夏をおろし金の目が細かい方で皮を少しおろしてボールへ

そこに残った甘夏を絞って果汁を入れる
そこに塩、オリーブオイル、にんにくのみじん切りを加え混ぜる

玉ねぎを5mmスライスして果汁に漬け込む
ズッキーニもピーラーで5、6枚スライスしてそれを半分に切って同じく漬け込む
約5分間
(きゅうりは縦に半分にしてピーラーでスライスする部分の中心の種をスプーンで削ってスライス)
f:id:nori0417:20160514232006j:image

サーモン切り身の両面に塩、コショウをする

クッキングシートまたはアルミホイルを大きめにカットして中心に横長にマリネした野菜をひく

その上にサーモン切り身、カットした甘夏、レモンを並べる
f:id:nori0417:20160514232021j:image
まず両端を包んで舟の形にしてからマリネ液を大2サーモンにかけてブラックペッパーを振ってから完全に包み込む
(マリネ液が漏れやすくなるため)
(香りを逃さないようにしっかりと包む)

天板に乗せオーブン200度で約20〜25分焼き上げる

あれば彩りでパセリのみじん切り