読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

黒ごま×さつまいものチカラでフランス発ガトーインビジブル

黒ごまとさつまいものガトーインビジブルジャポン

今年、フランス発の新スイーツトーインビジブルメンタルヘルスケア&フィジカルケアに特化したレシピにする為に今回は、日本の甘味に使用する事の多い黒ごま、さつまいも、きな粉、黒みつを取り入れました

トーインビジブルはたっぷりの果実などを薄くスライスし、少ない生地と一緒に焼き上げたケーキです

今回の生地に混ぜ込んだ黒ごまは抗酸化力を高めるセサミンが多く含まれています

更に、黒ごまには牛乳の約11倍ものカルシウム、ミネラルが多く、ストレス緩和や精神安定に効果があります

そして、生地よりも多いさつまいもにはストレスなどで弱った腸の働きを活発にして便秘の改善に効果のあるセルロース(不溶性食物繊維が豊富です

f:id:nori0417:20170418213640j:image

材料(パウンド型約7cm×17cm)

さつまいも 中2個(400〜500g)

卵2個

ラニュー糖 50g

溶かしバターまたはココナッツオイル 20g

豆乳(今回はより黒ごま感を出す為に黒ごまミックスの豆乳使用)普通の豆乳、牛乳でも可能 120ml

f:id:nori0417:20170418214257j:image

薄力粉 60g

黒すりごま 30g

はちみつ 大1

(あれば)

きな粉 適量

黒みつ 適量

作り方

パウンド型(ホールケーキ型や紙型も可能)にクッキングシートを貼っておく

ボールに卵を割ってときほぐす

ラニュー糖を加え溶けるまでよく混ぜる

黒すりごま、はちみつ、ふるいにかけた薄力粉を加えてよく混ぜる

豆乳を加えて混ぜる

溶かしバターまたはココナッツオイルを入れて混ぜる

f:id:nori0417:20170418215216j:image

さつまいもの皮を剥き縦に半分にし2mmぐらいのスライスにする(スライサーにかけても良い)

f:id:nori0417:20170418215344j:image

ボールの生地にさつまいもわ入れ込みよく和える

f:id:nori0417:20170418215459j:image

オーブンを170度にしておく

型にさつまいもだけ先に敷き詰める

その後に上から生地を流し入れる

f:id:nori0417:20170418220016j:image

f:id:nori0417:20170418220026j:image

オーブンに入れ35〜40分焼き上げる(途中表面が焦げそうになったらアルミホイルを被せて焼く)

焼き上がったら常温で冷ます

カットしてお好みできな粉、黒みつ、ホイップクリームでどうぞ

やや甘さ控えめになってます