読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

和製スーパーフード 抹茶×豆乳のチカラでダイエット&メンタルヘルスケア

抹茶香る豆乳鍋

今回は話題のカップヌードル抹茶仕立てのシーフード味にインスパイアされ出来上がったレシピです

近年、アメリカでは抹茶はスーパーフードとして注目されている程色々と効果的な栄養素が含まれています

中でも注目する栄養素カテキン抗酸化作用によるアンチエイジングさらに脂肪燃焼効果によるダイエットが期待出来ます

次の栄養素テアニン(旨味成分)は脳の興奮を抑え神経を鎮める為、ストレスを抑え集中力をアップ、リラックス効果や不眠症を改善してくれます

続いて豆乳にも注目する2つの栄養素がありサポニン脂肪の吸収を抑える為、こちらもダイエット効果があります

レシチン、ビタミンB郡には脳の活性化、脳機能維持、集中力低下やイライラの防止効果があります

f:id:nori0417:20170126212839j:image

f:id:nori0417:20170126212913j:image

材料(2〜3人分)鍋スープのみ

生姜スライス 3〜4枚(チューブは2cm)

白だし 大3

薄口醤油 大3

豆乳(成分無調整) 500ml

酒 大2

抹茶 小擦り切れ2

鍋具材はお好みで、しかしメイン食材はなるべく牛、豚など脂分が多い食材は抹茶の風味を損ねるので不向きです

鶏、魚介、白身魚などが良い

今回は旬のオニオコゼをメインにしてます

鍋具材例(今回)

白菜、小松菜、白ネギ、エリンギ、かまぼこ、エビ、オニオコゼ切り身

作り方(鍋スープ)

生姜スライスを細く千切りにして鍋に入れる

そこに豆乳、白だし、薄口醤油、を入れ火にかける(完全沸騰はさせない事)

味を見て塩気を調節する

別の器に酒、抹茶を入れよく混ぜる(ダマがないように)

合わせ抹茶を鍋に溶き入れて合わせる

そこに様々なお好みの鍋具材を入れて煮込む

f:id:nori0417:20170126214640j:image

〆はご飯、卵、かつお節でおじやに