読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

女性のミカタ 大豆イソフラボンのチカラ 和風味噌クリームシチュー

材料(4人前)

鳥モモ肉 1枚

にんじん 1本

里芋(剝き身の洗い里芋) 300g

玉ねぎ 1個

しめじ 1パック

大葉 1束

ゆかり 少々

豆乳 500ml

水 400ml

白だし 大3

合わせ味噌または白味噌 大3(擦り切れ)

塩 小1

鶏肉下味用塩コショウ 少々

小麦粉 大2

片栗粉 小1

みりん 大2

f:id:nori0417:20160626200255j:image

 

鉄則 材料は必ず全て準備してから調理に入る、鍋は最低2Lは水が入っても余裕がある程度の大きさを選ぶ

 

作り方

ご飯にも合うのでご飯がいる場合は先にご飯をセットして炊飯しておく

まずは材料の下ごしらえ

にんじんは乱切り(大きさは親指より小さく)

里芋は洗って10円玉ぐらいの大きさに合わせる

玉ねぎは1cmの櫛切り

f:id:nori0417:20160626200918j:image

鶏肉は一口大に切って塩コショウで下味をつけておく

f:id:nori0417:20160626200955j:image

しめじは石づきを切ってほぐしておく

大葉は半分に折り曲げて細切り(ハサミでもOK)小皿に乗せる

小さいボールかお茶碗に小麦粉、片栗粉を入れて混ぜる

味噌を入れさらによく混ぜる(全て擦り切れの量)

そこに豆乳を少しずつ加えながらよく溶かし合わせてペースト状態にする

(これがイメージではカレーやシチューのルーになる)あればゴムヘラで混ぜた方が良い

f:id:nori0417:20160626201717j:image

鍋に水、残りの豆乳、みりん、白だし、塩を入れて火にかける

沸いてきたらにんじん、里芋を入れる

一旦沸き方が治るのでまた沸き始めたら弱火にして10分間煮る

この10分間で使った包丁、まな板を洗う

この時アクが出るのでおたまですくう

10分間経ったら鶏肉、玉ねぎ、しめじを入れてまた強火で沸かす

沸いてきたら弱火にして5分間煮る

5分間経ったら火を止めてルーに煮汁をおたま一杯入れて混ぜてそれを鍋に全て綺麗に戻す

木ベラで鍋底からよくかき混ぜる(この時点で若干トロミは出てくる)

ここでボールなどおたまと木ベラ、切った大葉を乗せた小皿以外全て洗う

火を点けて強火で沸かす(トロミがあるので底に焦げやすくなるのでヘラで底から沸くまでよく混ぜる)

沸いたら弱火にして7〜8分間常に底から混ぜながら煮込む

味を見て調節する(この時若干薄めの方が良い、実際に1皿食べる時と一口は感覚が変わるため)これはこの先の他の料理の味付けの基本

皿に盛り中心に大葉周りにゆかり

写真はゆかりの購入を忘れたのでありません(スミマセン)

f:id:nori0417:20160626203601j:image