読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルス料理研究家のレシピストック

心理学✖︎料理の両方の頭脳を持つ者のメンタルヘルスクッキングのご紹介。はじめやすく、手軽に、お財布にやさしくをモットーレシピを作成しております。

高栄養 低カロリー 中東料理フムスのチカラでカスタマイズ オープンフムスサンド

材料
ひよこ豆水煮 200g
絹ごし豆腐 150g
すりゴマ 小2
オリーブオイル大4
にんにく半片
レモン汁 小1
塩 小1
クミンパウダー 2〜3振り
(水 大1)

バケット
プチトマト


作り方
小鍋にオリーブオイル、にんにくを潰して入れ極弱火にかける
ふつふつ泡立ちパチパチ音が聞こえたら火を止めて自然に冷めるまでゆっくり余熱で火を通す
(このレシピはにんにくの香りを抑えたレシピなのでにんにくを効かせた方が好きな場合はこの行程を省いて生のままにんにくを加えてください。生は馴染みにくいのでおろすか細かく刻んで入れる)

フードプロセッサーまたはミキサーにひよこ豆、豆腐、すりゴマ、レモン汁、塩、冷めたオリーブオイルとにんにくを入れスイッチを入れる
ペースト状になるまでしっかりと
固めになったり回りにくかったら水を足して調節する
仕上げにお好みでクミンパウダーを2〜3振りで合わせる

軽くトーストしたバケットにフムスを厚めにぬってプチトマト、ブロッコリースプラウトを乗せる
野菜関係を使う時は最後に少々塩を振った方が良い

もちろんトーストしたバケットにフムスだけでも美味しいです


f:id:nori0417:20160323190316j:image
f:id:nori0417:20160323190326j:image

古代より高栄養、低カロリー食品として食されてきた、ひよこ豆ガルバンゾー)をたっぷりと使用した中東料理の定番フムスをオープンサンドのパテベースとして自分自身で色々な食材を組み合わせてカスタマイズできる様なフムスレシピです。

ひよこ豆にはマグネシウム、カルシウムなどミネラルが多く含まれ
マグネシウムは幸せホルモン(セロトニン)の生成には欠かせない栄養素
カルシウムはイライラを鎮静させ精神を安定させてくれます
そのカルシウムを脳に送る為に必要な亜鉛も豊富です

今回はプチトマトと解毒作用が3日間も持続するという(スルフォラファン)が多いブロッコリースプラウトのオープンサンドにしました

組み合わせは自由なのでお好きな具材で
例えば豆類と相性の良いスモークサーモンは圧倒的な抗酸化作用が期待できる(アスタキサンチン)を多く含んでいます
スモークサーモンと食感でさらした玉ねぎのみじん切り、ケッパーなどなど